DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)渋谷 教室の特徴。選考と就職先について

転職成功率に魅力を感じてDMM WEBCAMPを選びましたが、充実したカリキュラムで満足度は高いです。
基礎からしっかり学ぶことができるので、未経験者でも大丈夫でした。
CSSやHTMLは昔勉強していて使えたのですが、ずっと気になっていたRubyやRails、jQueryも習得でき良かったです。
DMM WEBCAMPは何でも質問できる環境だったので、安心して学ぶことができました。
最初の1ヶ月は基礎スキルを習得しますが、2ヶ月目からは実践的な内容になります。
デザイナーやディレクターなども一緒に開発をするので、かなり濃い内容でした。
チームで開発を行うので、とても勉強になりました。
問題が見つかるとチームで問題を解決するので、実際の開発現場の雰囲気をつかむことができます。
3ヶ月目になると自分で企画からリリースまでを行います。
ゼロから全て自分で開発するので、かなり良い経験になりました。
途中で困ったことがあれば、現役のエンジニアがサポートしてくれるので助かりました。

DMM WEBCAMP渋谷の就職先

今回はDMM WEBCAMPの学習内容について紹介したいと思います。DMM WEBCAMでは3か月の学習期間があります。そして3か月の学習期間は次のように分かれています。1か月目「プログラミング言語の個人学習」、2か月目「チーム開発」、3か月目「オリジナルサービス開発」。1か月目の学習はテキストを見みて実習していくスタイルで自分のペースで進めることができます。2か月目はチームのメンバーで考えて、開発していくスタイルです。三か月目は今まで学んだことを生かして、自分でサービスを考えて開発します。そしてDMM WEBCAMでは「HTML」「CSS」「JS」「jQuery」「Ruby」「Rails」といった言語を学ぶことができます。「HTML」「CSS」「JS」「jQuery」はwebでページを作ることのできるスキルで、「Ruby」「Rails」はwebアプリケーションを作ることができるスキルでこれらのことがDMM WEBCAMで学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です